海事統計学

九州大学 工学部地球環境工学科 船舶海洋システム工学コース2年前期

講義内容

海事における不確実性問題の表現と扱い方について述べる。
(海事を具体例に取り上げる確率・統計学)

講義資料


第1回 海事統計学概要・統計データ処理(平均・分散)

授業スライド資料
配布資料(PDFファイル)


第2回 相関/回帰

授業スライド資料
配布資料(PDFファイル)
演習問題(PDFファイル)


第3回 確率論の基礎1:事象と確率・条件付確率・ベイズの定理

授業スライド資料
配布資料(PDFファイル)


第4回 確率論の基礎2:離散な確率分布と期待値・分散

授業スライド資料
配布資料(PDFファイル)


第5回 確率論の基礎3:確率変数が連続値をとる場合

授業スライド資料
配布資料(PDFファイル)


第6回 2変数の確率分布

2017年度は都合により実施していません


第7回 最尤推定

授業スライド資料
配布資料(PDFファイル)
参考: 演習問題(PDFファイル)


第8回 標本分布(母比率の区間推定)

授業スライド資料
配布資料(PDFファイル)


第9回 標本分布(正規分布の期待値の区間推定, t分布)

授業スライド資料
配布資料(PDFファイル)


第10回 標本分布(正規分布の分散の区間推定, カイ2乗分布)

授業スライド資料
配布資料(PDFファイル)


第11回 仮説検定(母比率の検定)

授業スライド資料
配布資料(PDFファイル)


第12回 仮説検定(正規分布の平均値の検定)

授業スライド資料
配布資料(PDFファイル)


第13回 仮説検定(正規分布の分散の検定・度数分布の適合度の検定)

授業スライド資料
配布資料(PDFファイル)


第14回 仮説検定(適合度の検定・コルモゴロフ-スミルノフ検定)

授業スライド資料
配布資料(PDFファイル)


定期試験について

【日時】 2017年 6月6日(火) 2限 (10:30〜12:00)
【場所】 船2講義室
(再試験等で他の試験科目と重複する者は事前に申し出ること)
【持込み可能な物】 
 筆記用具
 A4用紙1枚の手書きメモ (裏面も使用可・試験終了時に答案と共に回収)
 コピーなど手書きでないものを持ち込んだ場合は答案を0点とする。
 計算機の持込不可

【試験内容と配点】
  ・最尤推定  20点
  ・仮説検定  15点        ・区間推定  15点
  ・確率分布関数・確率密度関数の期待値と分散  20点
   (一様分布・二項分布・ポアソン分布・幾何分布・指数分布・正規分布・t分布など) 
  ・統計データ処理  10点
   (平均値・分散・標準偏差・散布図・共分散・相関係数・メディアン・4分位数・モード・多重回帰など)  
  ・その他(条件付確率など) 10点


【成績の付け方について】
 試験は100点満点で採点する。
 出席回数が全体の2/3未満の場合、学則により試験を受けることができない(欠席5回以上で試験の資格喪失)。
 成績評価は、試験の点数(100点満点)で評価する。
 (試験で60点未満の者の救済措置として、全演習およびレポートを計40点満点で評価して試験の点数に加え、
  60点を超える場合は60点として成績を評価する。この点数が60点未満だと不可)
  演習: 1回あたり2点で13回分、レポート 10点
 

【参考】第2回 相関/回帰の演習問題

多重回帰に関する演習問題(PDFファイル)

【参考】第7回 最尤推定の演習問題

演習問題(PDFファイル)

【参考】2016年度の定期試験問題および解答

2016年度海事統計学定期試験問題と解答(PDFファイル)

【参考】2015年度の定期試験問題および解答

2015年度海事統計学定期試験問題と解答(PDFファイル)

本講義の資料作成では以下の教科書を参考にしました:
  1. 宮川 公男 著:基本統計学,有斐閣(1999)
  2. 馬場  裕 著:数理情報科学シリーズ6 初歩からの統計学,牧野書店(1994)
  3. 佐藤 拓宋 著:電気系の確率と統計,森北出版(1971)
  4. ニューメリカルレシピ・イン・シー 日本語版(技術評論社)