もどる

2019年度 システム設計工学 講義資料


講義日程・成績評価について

資料(PDFファイル)


第1回 単純回帰・多重回帰・多項式近似

授業スライド資料(PDFファイル)


第2回 関数近似と計算幾何学

授業スライド資料(PDFファイル)


第3回 連続関数最適化(勾配法)

授業スライド資料(PDFファイル)
共役勾配法のJavaプログラムサンプル

第4回 連続関数最適化(ランダムサーチ・SA・滑降シンプレックス法・遺伝的アルゴリズム)

授業スライド資料(PDFファイル)
滑降シンプレックス法のJavaプログラムサンプル
実数値GAアルゴリズムREX+JGGのJavaプログラムサンプル


第5回 制約付き最適化(線形計画法・ペナルティ関数法・ラグランジュの未定乗数法)

授業スライド資料(PDFファイル)
講義資料の線形計画問題の例題を解くPythonプログラム(linProg.py)
下記の課題提出用フォルダへ、課題の番号と提出者が分かるようにPythonのファイル名を以下のようにしてアップロードせよ
 第5回1TE19xxxZ名前.py
課題提出先フォルダ(九大ファイル共有システム)


第6回 組合せ最適化

授業スライド資料(PDFファイル)
講義資料のグラフ最短経路探索問題の例題を解くPythonプログラム(graph.py)
下記の課題提出用フォルダへ、課題の番号と提出者が分かるようにPythonのファイル名を以下のようにしてアップロードせよ
 第6回1TE19xxxZ名前.py
課題提出先フォルダ(九大ファイル共有システム)


第7回 (前半)分枝限定法 (後半)多目的最適化と遺伝的アルゴリズム

授業スライド資料(PDFファイル)


第8回 マルコフ過程

授業スライド資料(PDFファイル)


試験について

【日時】 2020年1月31日(金) 10:30~12:00
【場所】 船1講義室

【持込み可能な物】
 筆記用具
 A4用紙1枚の鉛筆書きメモ (裏面も使用可・試験終了時に答案と共に回収)
 また、コピーなど手書きでないものを持ち込んだ場合は答案を0点とする。
 計算機持込不可

【成績の付け方について】
 試験は100点満点で採点する。
 成績評価は、試験の点数によって行うが、試験の点数が60点に満たない場合は演習提出状況およびレポート提出状況を点数に加え、これが60点を超える場合は60点とする。

【再試や追試】
 実施予定は無いので、試験の成績に自信が無い場合は、  未提出のレポート・演習をきちんと解いて提出すること。
【試験内容】
講義で扱った内容全般


【参考資料】

2018年度システム設計工学定期試験問題と解答(PDFファイル)
2017年度システム設計工学定期試験問題と解答(PDFファイル)
2016年度システム設計工学定期試験問題と解答(PDFファイル)

もどる